フルオーダー型注文住宅

住宅とは一生に一度の大きな買い物と言われており、妥協をしたくないという人がどんどん増えています。そして、そういった人達の間ですべてを発注者がプロデュースするフルオーダー型の注文住宅が人気を博しています。ここでは、フルオーダー型の強みや弱点、そして完成までの期間情報をお届けします。

フルオーダー型注文住宅の強み

ある程度の頭金を蓄えることができ、夢のマイホームを購入したいなら、世界に一つだけの注文住宅を建てるのが良いでしょう。注文住宅であれば、フルオーダーで家を建てることができます。フルオーダーで注文住宅…

フルオーダー型注文住宅の弱点

完全自由設計による家造りを行なうフルオーダー型注文住宅には様々な魅力がある一方で、デメリットもあります。そのデメリットとしてまず挙げられるのが費用が掛かると言う点です。完全自由設計ですので、素材や…

フルオーダー型注文住宅はどれくらいの期間で完成するか

完全自由設計で家作りが行われるフルオーダー型注文住宅は、理想的なマイホームを手に入れることができるアイテムとして、近年人気となっています。そんなフルオーダー型注文住宅は、どれくらいの期間でマイホー…

セミオーダー型注文住宅

フルオーダー型とは対照的な側面をもつセミオーダー型の注文住宅も、こだわりの住宅を造り上げたい人達の間で大人気となっています。このセミオーダー型注文住宅の購入メリットや弱点、基本的な工期情報を紹介します。

セミオーダー型注文住宅の購入メリット

セミオーダー型の注文住宅のメリットは、フルオーダー型のメリットと建売住宅のメリットのよい点を取り入れている点です。建売住宅では間取りやデザインなどは最初から決まっていることが多く、自由度が少ない傾…

セミオーダー型注文住宅の弱み

住宅を購入するのであればできるだけ希望に合ったものを選びたいかもしれません。安く買える建売より、少し高くても希望がかなえやすい注文住宅にしようとする人もいるでしょう。実は注文住宅にはすべてを一から…

セミオーダー型注文住宅の工期

通常の住宅に比べると工期が長め

一部を標準パッケージで、一部をオーダーで住宅を建設するセミオーダー型注文住宅の工期は一般の建売住宅に比べますと工期は長めとなります。建売住宅ではすべてがあらかじめパッケージ化されており、資材などの調達も容易なため、工期は短めとなりますが、セミオーダー型注文住宅では一部分がオリジナルなものとなるため、資材の調達などにおいて時間を要することがあります。このため、セミオーダー型注文住宅では工期は長めとなるのです。具体的な工期としては設計に要する期間も含めて約6ヶ月程度が平均的な工期となります。オリジナルな部分がより高度なものになると、施主とのすり合わせをする回数も増えることとなりますので、さらに工期は長くなります。

工期を短くする方法もある

このようにセミオーダー型注文住宅では工期は比較的長めとなりますが、工夫次第では工期を短くすることもできます。例えばオーダー部分をできるだけ既製の資材を利用する方法です。既製の素材に少しだけ手を加えるだけのものなら、工期にそれほど影響はありません。また、オリジナルな部分についてはできるだけ国産の資材を使うと言うのも、工期を短くすることができる有効な方法です。海外の素材を使用するとなりますと、どうしても調達に時間がかかってしまいます。国産のものであれば、調達に要する時間はそれほどかかりませんので、工期を短く抑えることが可能となります。このほか、建築中においてはこまめに建築現場を訪れて、職人さんたちとの連携を密にすると言ったことも有効な方法です。

実現可能な夢の注文住宅

注文住宅とは買う前に建ててある建売住宅とは違い、自分が思い描く部屋の間取りなどを実際に注文し家を建てることです。