セミオーダー型注文住宅の購入メリット

自由さもありフルオーダーより手間がかからない

セミオーダー型の注文住宅のメリットは、フルオーダー型のメリットと建売住宅のメリットのよい点を取り入れている点です。建売住宅では間取りやデザインなどは最初から決まっていることが多く、自由度が少ない傾向にあります。周りには同じような造りの家が並び個性を出すことができません。しかしセミオーダーなら、間取りやデザインなどは自由に決めることができることが多いです。 すべてを自由に作ることはできませんが、その分、手間をかけずにすみます。フルオーダーとなると家全体のデザインや間取り、収納、設備などすべてを一から考え決めていかなければなりません。何度も業者の担当者や建築家と打ち合わせをしなければならず、手間も時間もかかります。セミオーダー型注文住宅なら、そこまで手間がかからないのがメリットです。

フルオーダー型注文住宅よりも予算が少なくてすむ

フルオーダー型注文住宅よりもリーズナブルにできるのも、セミオーダー型注文住宅のメリットです。構造や性能は決まっていることが多く、また設備なども決められた中から選ぶことも多いセミオーダー型注文住宅。フルオーダー型のように天井を高くしたり、吹き抜けにしたり、自由にデザインすることはできませんが、その分費用もかかりません。

フルオーダー型の場合は打ち合わせをしていくうちに、機能性を高めたり、設備を増やしたりするなど予算オーバーになることも多いものですが、セミオーダー型の場合はそこまで予算がオーバーすることはありません。建物の費用を抑えることで、土地の費用や家具などインテリアにお金をかけることができるのもメリットと言えるでしょう。

新築一戸建てはマイホームを持ちたい人にとって夢です。ただし、立地条件によって価格の上下はあるので場所の検討は慎重にする必要があります。