フルオーダー型注文住宅の弱点

費用が掛かってしまう

完全自由設計による家造りを行なうフルオーダー型注文住宅には様々な魅力がある一方で、デメリットもあります。そのデメリットとしてまず挙げられるのが費用が掛かると言う点です。完全自由設計ですので、素材や設備などすべてがオリジナルとなります。設計に掛かる費用はもちろんのこと、オリジナリティーあふれる家造りですので、建築に携わる職人さんたちのスキルもそれなりに要求され、それに投入される人件費も掛かることとなります。住宅設備についても受注生産となることが多いため、こちらも価格は高くなります。このように、フルオーダー型注文住宅ではすべてが手作りによる家造りのため、その分、資材と労力をより多く投入されることになり、費用もそれなりに掛かってしまいます。

工期が長くなってしまう

また、工期が長くなってしまうと言う点もフルオーダー型注文住宅のデメリットと言えます。完全自由設計のオリジナルな家造りですので、設計に掛かる時間が長くなることもさることながら、使用する部材や工法も一般の注文住宅に比べて、より複雑になる傾向があり、その分、工期も長くなってしまいます。フルオーダー型注文住宅では職人さんたちにとっても初めてのことが多いため、工事期間中は常に、職人さんたち同士が打ち合わせをしながら慎重に進めていくという流れとなります。もちろん、施主とも十分なコミュニケーションを図る必要性もありますので、工期としては長めとなります。家の完成時に実施される検査においても検査項目は多くなり、この検査における時間も長めとなります。

分譲住宅とは、建築業者がある一定の土地を分割して複数の家を建て、そのそれぞれの土地家屋を販売するというスタイルの住宅のことです。