フルオーダー型注文住宅はどれくらいの期間で完成するか

フルオーダー型注文住宅では工期は長くなる

完全自由設計で家作りが行われるフルオーダー型注文住宅は、理想的なマイホームを手に入れることができるアイテムとして、近年人気となっています。そんなフルオーダー型注文住宅は、どれくらいの期間でマイホームが完成するのでしょうか。フルオーダー型注文住宅では、まず設計が行われます。この段階で家に対する思いを図面に落とし込むこととなり、工程の中では最も重要な段階となります。設計完成後は設計図面に従って家が建築されます。家の建築では最初に土台となる基礎工事から始まり、骨組みの建築、外装・内装工事、屋根工事、住宅設備工事などを経て完成となります。フルオーダー型注文住宅ではすべてがオリジナルなものとなるため、資材の調達や施主との打ち合わせなどにおいて時間を多く割きます。このため工期が長めとなり、その期間としては概ね6ヶ月から1年間となります。

長期的なスパンに立って取り組む必要がある

このようにフルオーダー型注文住宅の工期は比較的長くなりますので、フルオーダー型注文住宅を利用する場合には長期的なスパンに立って取り組む必要があります。例えば資金計画といった要素は非常に重要です。ローンをいつ組んで、前金払いや中間払いがいつ発生して、最終の支払がいつになって、などなど資金の流れをしっかりと把握する必要があります。これを怠りますと、一時期において思わぬ資金不足に陥ることもありますので、注意が必要です。また、引っ越しの時期や近所への挨拶回り、役所への手続きなどについても、どのタイミングですれば良いのかをきちんと理解しておく必要があります。長期間での取り組みとなるため、うっかりと手続きを忘れることもありますので、これも注意が必要です。

家族や友人との団欒を夢見ても、アパートやマンションでは騒音が気になります。一戸建てなら子供や犬が走り回っても、下階の住人に怒られることはありませんし、庭で趣味を楽しむことも出来ます。